Take it easy 第四章 ~研究・教育人生:序論~

憧れだった大学教員として歩み始めました。研究者・教育者として、己の在り方を日々模索しながら、向上心をもって過ごそうと思います。

34回目の誕生日

昨日で、34歳になりました。 一年前のことなのに、随分と前のことのように感じます。 昨年の誕生日の頃も、いろいろと感じていたようです。 教員生活5年目の節目の年。 昨年よりも仕事のベースが安定してきたように思います。 複数の企業や自治体と私主導で…

相互扶助の関係

昨日、私が顧問をしている理工系留学生支援組織(ISL)と大学のムスリムコミュニティー(YOKOMS)の共催で以下のようなイベントが開催されました。 本学にはムスリムの学生が非常に多く、特に理工系には多く在籍しています。 「自分たちのことをもっと日本人…

心技体のバランス

食生活を変えたことは以前の記事で書きました。 4月に入り、妻が仕事を辞めたので、お昼はお弁当が多くなり、 外食が減り、随分と健康的な食生活習慣が構築できてきた気がします。 週末は私も料理をするようにしていますが、昨晩は豆腐でつくねをつくりまし…

指導学生との研究活動に関する共有事項

本年度の指導学生の担当も決まりました。 今年も4年生2人を担当することになりました。 今年は、研究方針を私と学生で共有するところからスタートしました。 ワクワクするような研究が、学生と一緒にできればなと思っています。 【研究に臨む上でのスタンス…

今年度の研究方針

気づけばあっという間に5月となりました。 GWの真っただ中ですが、昨日、本日と学外から多くのゲストが来校されました。 あわただしい2日間となりましたが、滞りなく終わってホッとしました。 さて、今年度の学生の研究テーマが決まりつつあります。 今年は…

新年度の教育方針の表明

4年生6名の配属が決まり、今年度がスタートしました。 教職員・学生合わせて32名という、私の知りうる限り過去最多人数です。 内ドクター6名、留学生10名というのも過去例を見ない規模だと思います。 前川先生も今年度から横浜国大に完全移籍となりました。 …

コンクリート構造物の最新技術に関する技術交流会

今回で何回目の参加になるでしょうか。 東大一門の先生方とJR東の技術者によるコンクリート構造物の技術に関する交流会に今年も参加してきました。 東大一門ではない私ですが、僭越ながら今年も発表させていただく機会を与えていただきました。 この交流会で…

怒涛の2月終了(教員5年目始動)

怒涛の2月が終わりました。いよいよ教員5年目がスタートです。 (先月間違って書いてしましましたが、本日が本当に5年目スタートです) 昨年も同じようなことを思ったのですが、1年前に今の自分の状況を想像できたかと聞かれると、返事はNoです。 それくらい…

実験の質

昔からよく言われていたことで、最近その意味が少しずつですが理解できるようになってきたことを、今の私の言葉でまとめてみます。 「コンクリートは正直な材料。コンクリート特有の現象も人間の至らなさも、すべて結果に表れる」 コンクリートは誰でも比較…

大学時代にしてほしいこと

とある学生から、 「どうしたよいかわからない。何ができるのか教えてほしい」という要望を受ける機会がありました。 私が彼にした回答を備忘録として書き留めておきたいと思います。 (話している相手が特定されないよう、少し文章を修正しました) 私の周…

指数関数的に学生が成長する2月がスタート!

気がづいたら2月になっていました。 気持の浮き沈みの激しかった1月でしたが、 繁忙期ながら、今週の仕事はすごく充実していたので、やる気がまた満ちてきました。 やっぱりこの仕事が好きだなぁ。 火曜日と木曜日はそれぞれ卒論生の研究を一緒にしている企…

防災 ~考えることは楽しい~

先日(1月5日)、緊急地震速報が携帯電話に入ったときは、正直焦りました。 久しぶりに、あのけたたましい警報音を聞いて、「ついにこの日が来たか!」と思いました。 幸いにも誤作動ということでしたが、改めて災害はいつも我々の身近にあるということを認…

2017年の振り返り

年が明けて3日が過ぎました。 喪中ということで、例年と少し感覚の違った(新年っぽくない)新年を迎えました。 今年も実家で書初めをしました。私が書いた字は「初心」です。 少しずつ波に乗ってきたかなと思うときこそ初心を大切に。 チャレンジングに攻め…

横浜国大土木教室 若手研究者懇親会

昨日、仕事納めとなりました。 留学生、日本人学生と年始に投稿する論文の内容について議論をして、仕事納めとなりました。 今年は、いろいろ刺激的な1年でした。 振り返りは、また後日ということで、今日は今年最後の懇親会となった 「(仮題)横浜国大土木…

師走

今年の12月は例年に増して、追われている感じがあり、いろいろなことがビハインドスケジュールで回っている感じです。 今年度は積極的に留学生とも研究を進めており、定常的に打ち合わせを希望してくれています。 加えて、卒論・修論生の研究が重要な局面を…

先に生まれただけの僕

最近、土曜日に放映中の「先に生まれただけの僕(櫻井翔主演)」という教師もののドラマを見るのが夫婦の1週間の楽しみの一つになっています。 久しぶりにちゃんとドラマを見ています。 内容はさておき、このタイトルは好きです。 突如として話は大きく変わ…

近況(研究)

最近の研究の状況について、備忘録として残しておこうと思います。 (私のため、そして後輩たちのために) 前記事で書いた実験結果がゼミで思いのほか盛り上がりました。 学生が自主的に実験してくれたおかげです。 特に前川先生の食いつきが予想以上にすご…

オリジナリティのある研究

「originality(オリジナリティ)」のある研究とは何か。 オリジナリティは日本語だと独創性などと訳されることが多いように思います。 漢字のイメージは、「誰もやっていない何か新しいことを創り出すこと」というような感じでしょうか。 非常に崇高で、創…

充実した週末

今週末は非常に充実した時間を過ごせました。単なる、日記です。 10月7日:教室将来検討会議 午後13時~17時頃まで。土木教室の将来について議論する場が設けられました。 休日にもかかわらず、10名程度の先生方が大学に集まりました。 毎週1回、土木教室の…

バーチャルとリアリティー

昨日は、「研究しない拠点」という名の懇親の場に参加してきました。 主目的は工学系の研究室同士が分野横断的に懇親会するということです。 なかなか思い切ったネーミングです(笑)実際は、学内でのBBQでした。 参加者は、本学でも顕著な業績(燃料電池、…

(新学期スタート)インターナショナルな職場環境

9月は出張ばかりで大学に来ませんでした。家族や学生には迷惑をかけました。 おかげさまで、いろいろ貴重な経験をさせてもらえました。 10月に入りましたので、研究室の活動、特に研究に精力を注ぎたいと思います。 気がつけば、また留学生が増えました。 中…

W論文集への投稿完了

昨年度の研究成果を一つはコンクリート工学会に、もう一つを土木学会にそれぞれ提出することができました。 どちらも論文集のため査読があるのでどうなるか分かりませんが、 形にできるまでに至ったという経験ができたことは良かったと思っています。 中でも…

時間の使い方の変化

9月もそろそろ折り返し地点です。9月は出張が続いています。 北海道、東北(岩手、福島)、福岡、そして今日から新潟、富山です。 さすがに疲れが溜まってきました。 体調を崩さないように気を付けながら、過ごしていきたいと思います。 昨日までの3日間は…

コンクリート舗装の打込み現場

昨日、コンクリート舗装の打込みの現場に行ってきました。 これまで見てきたコンクリートと異なることがいろいろあり非常に勉強になりました。 まず驚いたのが、その規模。 およそ1kmのコンクリート板を目地なしで打込む光景は、なかなか壮観でした。 ス…

生活習慣の改善(朝食の改善)

最近、いろいろと思うところがあって、我が家では 夫婦で食事改善(まずは朝食)を始めました。 以前進められた、ダイエットセラピーを参考に、フルーツ中心の朝食に変えました。 最初の数日は、昼までに若干の空腹感を覚えた時期もありましたが、 いまでは…

お盆の予定

本日は学生を連れて見学会に行く予定でしたが、台風の影響で 現場付近に警報が出ているため、中止としました。 丸一日、空いたので有効に使いたいと思います。 8月・9月は出張が続く2か月になりそうです。 (特に9月は現状、大学出勤日が2日しかない・・・)…

新たな趣味

昔から、いろいろと挑戦するのが好きな性格でして、最近また新たなことを始めました。 今年の5月から、アイリッシュダンスなるものを始めました。 (アイリッシュダンスとタップダンスの違いがよくわかる動画はこちら) 今から約9年前、ショーパブでアイリッ…

講義の威力②

先週になってしまいますが、土木教室の助教4名(皆さん別の専門分野)で作り上げた、都市基盤安全学入門(学部1年生)の講義がありました。 決して100点満点の出来ではありませんでしたが、 いろいろと、今後の展開が期待できる講義になったのではないかなと…

講義の威力

今日は都市基盤安全学入門という講義(15回のうちの私の担当回)がありました。 学部1年生の講義です。今年度、新学部設置で開設された新設講義で、すべて一からの準備でした。 講義の感想を読んでいて、講義の影響力の大きさ、意義というものをすごく感じま…

33回目の誕生日

去年の投稿を見返していて、1年前と比べ、研究をとりまく状況が大きく変わったなぁと思いました。 32回目の誕生日に思うこと - Take it easy 第四章 ~研究・教育人生:序論~ いい意味で、先のことは本当にわかりません。 6月30日、31日は山口で、最近興味…