読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take it easy 第四章 ~研究・教育人生:序論~

憧れだった大学教員として歩み始めました。研究者・教育者として、己の在り方を日々模索しながら、向上心をもって過ごそうと思います。

首都高ウォッチング

初めての見学会の引率。

受け入れ先は、一学年上の先輩。なんだか、お互い変な感じでした。

 

学生20人ぐらいと、教員2名(私と鋼構造の先生)で首都高の保守点検を目視で行いました。

対象となった首都高の9号深川線は鋼構造の桁ばかりで、

あまり良いアドバイスができたようには思いませんでしたが、

高欄などコンクリート造のところでは、学生たちにもそれなりのアドバイスをできたかなと思います。

 

土木技術者は町医者であるべきだと個人的には思うので、

専門バカになりすぎず、幅広くものを見れないとなぁと感じた1日でした。